2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

カテゴリ:保存(日持ち)・冷凍方法 の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天かすの冷凍方法

kage

2012/09/16 (Sun)

明日は超有名な天かすを使った究極の貧乏レシピを紹介しますが、それにあわせてこちら、天かすの冷凍方法を書いておきたいと思います。

天かすの冷凍はなにも難しいことを考えずに
そのまま冷凍庫にブチ込めばOKですw

くっついたりしませんので冷凍してもそのままパラパラ取れます。

ただこれだけのために記事書くのも恐縮ですが一応アップしておきます。
スポンサーサイト

パスタの冷凍方法

kage

2012/04/28 (Sat)

うどんやそばは茹でタイプのものを冷凍して解凍すればいいだけなんですが、パスタは売ってるものってほぼ乾燥タイプですし、茹でるのもお湯がたっぷり必要だったりしてめんどくさい。

しかしパスタは1kg単位で買えばかなり安かったりするので、貧乏生活にはある意味かかせないもの。。

数年前くらいに、電子レンジでパスタを茹でられる箱みたいなものが100円ショップで売られはじめたんですが、もちろん底辺も購入してみました。

無理でしたw

最初はなんとなくうまく行ったんですが、いまいち不満。次に使ったときには湯が吹き零れて大変なことになりましたw

電子レンジって結構ものによって癖ありますし、うちの糞レンジがダメだっただけかもしれないんで、もしパスタ電子レンジ茹でBOXで成功される方はここの冷凍法見ずに茹でBOX使っていただけた方が手間的なこと考えても効率良いかと思います。

無理な人は底辺と一緒に冷凍版でw
簡単に言えば暇なときにたっぷり茹でて冷凍しておけば良いわけですね~。

そんなわけでパスタの冷凍についてかいて行こうと思います。


【手順】

1:パスタをたっぷりのお湯でたっぷり茹でる。

2:1人前ずつくらいに小分けしてオリーブオイルやバターを塗る(麺に絡ませる)

3:そのままラップにくるんで粗熱が取れるまで放置。

4:粗熱が取れたら冷凍庫へ。

5:食べるときは自然解凍or水軽くふりかけてラップして電子レンジで!


オリーブオイルやバターでコーティングすることで、くっつきにくくなります。

ご飯をおいしく冷凍する方法

kage

2012/03/05 (Mon)

やったことある人はわかると思いますが、ご飯を冷凍するととんでもないくらいパッサパサになります。

チャーハンくらいにしかできねぇんじゃねぇかってくらいです。普通のご飯としてはかなりの劣化作品になります。

かと言ってご飯ってあまりやすいですし、極力冷凍して保存しておきたいもの。これをおいしく冷凍する方法を書いてみたいとおもいます。

まずご飯は炊きたての状態ですぐさまラップにつつんでください。冷めたご飯はNGですよ。

これを荒熱がとれるまでそのまま放置します。ラップにつつんだままね。

荒熱が取れたら冷凍庫に入れてください。

食べるときは普通に電子レンジで解凍して食べればOK。

温かいままラップすることで水分を逃がさないようにするのが最大のポイントになります。

当然パサパサになりにくくなります。

貧乏暇なしと言いますもんね、忙しいあなた。休みの日にたっぷり炊いて冷凍しておきましょう♪

ねぎの保存方法

kage

2012/02/25 (Sat)

今度はきざんでないねぎの保存方法です。

インスタントコーヒーの空き瓶などが便利。

この空き瓶の高さの2/3くらいにねぎを切っていきます。

瓶底に2cmほどの水をそそぎ、ねぎをたてていきます。

瓶を蓋しておしまい。

冷蔵庫の場所もとらないし、長持ちするしとてもよい方法です。

つーか保存するだけなら冷凍でいいじゃんと思う方もいらっしゃるでしょうが、ねぎ大好きな底辺から言わせていただきますと、ねぎを冷凍するなんて邪道じゃい!!!www

だって食感まったく別物みたいになるじゃないですか。あれがいやなんですよね~…

冷凍してたいしてかわらないのは生肉だけだと思っています。

きざみねぎの保存方法

kage

2012/02/24 (Fri)

とりあえず、薬味としてねぎを乗せたいので張り切ってきざみまくったものの…余った。

と言う経験はだれにでもあるはず。

さらにはそれ以後使うことがなくきざみねぎがアボーンしてしまったこともあるはず。ないか?

このきざみねぎを長く保存する方法をかいていこうと思います。

まず、刻んでしまったねぎは水分が大敵!!!

とりあえず平たいスペースにねぎを敷き、しっかり…とまでは言わなくても半分くらいはかわかしておきます。

そして入れ物もしっかりと水分をふきとり、ねぎを入れていきます。

最後にキッチンペーパーを置いて蓋をし、さかさまにして保存します。

キッチンペーパーが水分をすいとってくれるので普通に保存するよりは長持ちします。

キッチンペーパーの水分量が多くなったらとりかえてください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。