2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

基本の和出汁の取り方

kage

2012/03/11 (Sun)

出汁の素使えばすんでしまう話ですが、最終的に見ればリアル出汁の方が経済的ですし、化学の味にならないので純粋においしく感じられるはずです。

なんて言ってますが底辺は出汁の素派ですwラク・安い・普通においしい。となると…うん、どうしてもね。

自分の意見はともかく、和出汁の取り方、さっそく書かせていただきたいと思います。


【材料】

●昆布…10gくらい
●かつおぶし…10~20gくらい

【作り方】

1:昆布にキッチンバサミなんかでちょいちょい切れ目を入れて水につけておく。できれば24時間おいておきたい。ちなみにこれだけでも充分おいしい出汁になったりします。

2:次の日、つけておいた昆布を水ごと鍋に移し、火をつけます。弱火で煮て行きます。

3:60℃くらいになったら昆布を取り出します。60℃とは鍋肌あたりがふつふつしてくる程度の温度です。なんとなくシャーって音するくらいですね。

4:昆布を取り出して水が沸騰したらかつおぶしを投入して火を切ります。このまま2~5分ほど放置します。

5:かつおぶしを漉して完成です。


昆布は沸騰するまでいれておくと激しくヌメってくるので必ず60℃あたりで取り出します。

かつおぶしも同様、煮込みすぎるとエグみがでてきます。

鍋とかラーメンのたれとかに使う濃厚な和出汁を取りたい場合は昆布の量を増やし、沸騰しないくらいの火加減で20~30分煮込むといいです。


PS.私事ですがちょっと体調を崩しまして…更新頻度が落ちてしまう可能性があるのでご了承ください
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。