2017 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 09

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カリカリベーコンの作り方

kage

2012/05/02 (Wed)

【材料】

●ベーコン…数枚
●フライパン…1つ
●キッチンペーパー的なもの

【作り方】

1:フライパンに油を敷かずにベーコンを並べる。

2:弱火で火をつける。油が出たらキッチンペーパー的なものでふき取る。

3:これを繰り返し、カリカリになるまで待つ。


以前書いたシンプル冷製トマトパスタの中で学生時代にアメリカに留学したことがあると言っていましたが、前半はホームステイ・後半は寮に入っておりまして、イタリア人の超絶酸っぱいパスタは後半の寮でのお話でした。

今回のカリカリベーコンはホームステイ先のお父さんがいつも作ってくれた朝ごはんなんですよね。

カリッカリに焼いたベーコンとスクランブルエッグ、それとパン。んででっかい牛乳を出してくれるわけです。

んでお弁当にはうっす~いパンを適当~にベタベタピーナッツバター塗って、茶色い紙袋に入れてもたせてくれたんですよね。この「紙袋に入れる」と言う適当さが、なんとなく底辺にとってはアメリカの魅力でもあるw

さてそんなカリカリベーコン。

とってもおいしかったのでたまにお父さんがいないときに自分で試してみてたんですが、お父さんのようにカリカリにならないわけです。そこでお父さんに聞けば早かったんですが、当時はまったく料理興味なかったので、まぁ失敗しただけだろうと思っていました。

ところが日本に帰ってたまたまベーコンがあったから作ってみるもやっぱりできない!!!w

だんだん腹がたってきて何度も何度もやってるうちにようやくやりかたがわかりました。

ただ、油を敷かずに放置すればよいと言うことだけだと言うことに…w
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。