2017 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 12

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピェンロー作ってみた

kage

2014/03/08 (Sat)

妹尾河童さんと言う方がはじまりで広がったと言う『ピェンロー』と言う鍋料理があります。

干ししいたけ・白菜・鶏肉・豚肉・春雨・ごま油の鍋で、各自、塩・一味で味を調整するそうです。

干ししいたけで出汁取って白菜煮込んで肉煮込んでごま油回しかけてさらに煮込んで、取り皿に塩と一味入れて食べると。

うえーまずそー

って思ったんですが、ネットで検索するとウマイウマイと絶賛の嵐。

そこまで言うならやってみよかと思い、今回作ってみたわけです。

まず作り方的に考えて、最後にごま油入れて煮込むとこまでは普通の鍋。

ってことはここまで作ってあとは少量小鍋に移してやってみたら大量に作っても悲惨なことにはならない!

あと底辺は春雨大嫌いなんで春雨は抜きます。

そして貧乏には干ししいたけなんて言う高級品はキツい。

これはイオンのトップバリューの九州産干ししいたけ(298円)で解決。貧乏同盟の諸君、お試しあれ。

よし!作るか!

【材料】
★白菜(1/4)
★豚バラ切り落とし
★鶏胸肉
★干ししいたけ
★ごま油
★塩
(一味がちょうど切れてた…)

【作り方】

【1】鍋の2/3くらい水を入れ、干ししいたけ(小さめ)を5個入れて2時間ばかり放置する。

本来なら24時間ほど放置した方がいいですが、めんどうなので2時間で。

長く戻したのと違い、茶色っぽくはなりませんが、充分いい風味は出ます。

【2】戻したしいたけを薄切りにして再度鍋へ。

【3】白菜の芯の部分を細切りにし、鍋にぶち込んで蓋して強火。白菜の葉の部分はザク切りにして鍋に入れずに置いておく。

【4】肉を食べやすい大きさに切っておく。

【5】蓋した鍋から蒸気が勢い良く出てきたら弱火に落とし、肉を投入。その上に白菜の葉の部分をかぶせて蓋をして弱火のままじっくり煮込む。

【6】白菜の葉の部分がしんなりしたら基本的には完成。こっから具材と出汁をある程度小鍋に移してピェンローにします。

【7】小鍋にごま油を一周かけまわし、10分くらい煮込む。

【8】取り皿に具材を取り分け、塩と一味で味付けして食する!完成!


…………

…………(^_^;)

あんまりおいしくない(笑)

てかマズい…(笑)

塩がヤスモンのせい?(笑)

とにかく普通にポン酢の方がうまい(笑)

大鍋で作らなくてよかった…

しかし基本的にウマいと言われるピェンロー鍋なんで一般的にはおいしいはずなんで、こんだけ下げ記事書いてますけど、興味のある方は試してみてください!

塩は岩塩など上質なものをオススメします!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。