2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏もも肉を食べやすくする下処理

kage

2011/12/25 (Sun)

メリークリスマス!

ちっともめでたくないっすけど(・∀・)ニヤニヤ

さてさて胸肉に引き続きもも肉ですが、底辺は鶏もも肉も大嫌いでした\(^ー^)/

噛んだときに【ゴリッ】ってなるあの不快感。吐き気もよおします( ゚Д゚)、ペッ

たまに安いときに買ってきてもなんか水っぽいし、さらにゴリッとした不快感がキツくて食べる気にならん。

ですがこのもも肉もおいしくする方法がありました。

早速紹介します。


【対策1:塩でしめる】

底辺が隠れ大ファンである、クックパッドやニコニコ動画、YouTubeなどに投稿されている【クッキングSパパ氏】が投稿されていた内容なんですがこれは抜群にうまくなります!

鶏もも肉に塩を大1まんべんなく振り、よくすりこみ、ザルなどにおいて10分放置します。

すると塩の浸透圧でもも肉が引き締まり、余分な水分や臭みが抜けて、色まで鮮やかになるわけです( ゚Д゚)

水っぽさはなくなるし、プリプリしてうまさ大幅UPします!

さすがはパパ様w
うちは親父が飲んだくれの遊び人でちっとも帰ってきませんでしたから、家族思いで料理上手なパパ様は全てが憧れです♪

【対策2:筋切りと筋抜き】

太い筋はガッツリ取ってしまいます。包丁使いながら引っ張って行けばどうにかなります。

細い筋は1つ1つ取ってもいいですが、形も崩れやすいので、料理によっては上からザクザク切り込みを入れて筋切りしていきましょう。

底辺はまるごと使うことが少ないので太い筋取ってからは食べやすい大きさに切り、そこから小さな筋をはずしています。


以上が下処理です。
水っぽくないし筋はないし最高!

しかしもやしにしろ安物をうまくしようと思ったら苦労が多いですね。。

早く金ためて外食生活に戻りたいw
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。