2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

カテゴリ:下処理・旨味UP の記事リスト(エントリー順)

スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鶏もも肉を食べやすくする下処理

kage

2011/12/25 (Sun)

メリークリスマス!

ちっともめでたくないっすけど(・∀・)ニヤニヤ

さてさて胸肉に引き続きもも肉ですが、底辺は鶏もも肉も大嫌いでした\(^ー^)/

噛んだときに【ゴリッ】ってなるあの不快感。吐き気もよおします( ゚Д゚)、ペッ

たまに安いときに買ってきてもなんか水っぽいし、さらにゴリッとした不快感がキツくて食べる気にならん。

ですがこのもも肉もおいしくする方法がありました。

早速紹介します。


【対策1:塩でしめる】

底辺が隠れ大ファンである、クックパッドやニコニコ動画、YouTubeなどに投稿されている【クッキングSパパ氏】が投稿されていた内容なんですがこれは抜群にうまくなります!

鶏もも肉に塩を大1まんべんなく振り、よくすりこみ、ザルなどにおいて10分放置します。

すると塩の浸透圧でもも肉が引き締まり、余分な水分や臭みが抜けて、色まで鮮やかになるわけです( ゚Д゚)

水っぽさはなくなるし、プリプリしてうまさ大幅UPします!

さすがはパパ様w
うちは親父が飲んだくれの遊び人でちっとも帰ってきませんでしたから、家族思いで料理上手なパパ様は全てが憧れです♪

【対策2:筋切りと筋抜き】

太い筋はガッツリ取ってしまいます。包丁使いながら引っ張って行けばどうにかなります。

細い筋は1つ1つ取ってもいいですが、形も崩れやすいので、料理によっては上からザクザク切り込みを入れて筋切りしていきましょう。

底辺はまるごと使うことが少ないので太い筋取ってからは食べやすい大きさに切り、そこから小さな筋をはずしています。


以上が下処理です。
水っぽくないし筋はないし最高!

しかしもやしにしろ安物をうまくしようと思ったら苦労が多いですね。。

早く金ためて外食生活に戻りたいw

鶏胸肉を食べやすくする下処理

kage

2011/12/24 (Sat)

底辺は鶏胸肉が大嫌いでした。

パッサパサですし堅いですし、とてもじゃないけどこんなん食えん(`ヘ´)

しかし貧乏生活に鶏胸肉はかかせない\(^ー^)/

そんな胸肉の固さとパサパサ感をどうにかする方法をいろいろ調べ、底辺なりになんとかなったことを書こうかと思います。


【対策1:切り方】

まずはそぎ切りしてください。さすればよくみると繊維が見えるはずであります。

この繊維を断ち切るように包丁を入れて行きます。引っ掻く感じで1つにつき5本ほど入れていけばかなり噛みやすくなるため堅さを感じません。

【対策2:片栗粉をまぶす】

スーパーで100円くらいで売ってる片栗粉をまぶして調理するととろみがつき、パサパサ感がかなり軽減されます。

【対策3:あまり火を通さない】

鶏はむなんかは完全に余熱調理です。そしてしっとりしてるしやわらかい。

ただでさえ堅くなりやすいものですからガンガン火を通さない方がいいです。

うどんなどに入れるときは最後に入れるなどの工夫が鶏胸肉をおいしく食べるコツ…なのかな。


以上3点をフル発動させるとかなり違ってきます。

一番はやっぱり繊維の多い胸肉のそれを断ち切るのがベストだと思います。

堅い豚肉を柔らかくする方法

kage

2011/12/19 (Mon)

底辺はチャーシュー(煮豚)が大好きで金があるときは作ったりするんですが、最初に作ったチャーシュー以外どうにも堅くなってしまうことが気にいらないわけで。。

そこで色々柔らかくする方法を調べて試したことをここにメモしておこうと思います。

皆さんもご自身でできそうなものがありましたら、是非試してみてください。


■対策:ブッ叩く!

これは結構効果ありました。

肉が堅い=繊維のせいと言うのにもとづいたやり方で、とにかく肉を2倍くらいに広がるくらい上からパンチしまくるわけですΣ〇≡(`ω´)o

■対策2:重曹混ぜた水に浸ける

これも同じ理論らしいです。

日頃から貧乏ストレス溜まってない方はこっちがいいのかなw

■対策3:玉ねぎのすりおろしをこすりつける

これは…どう言った理論か忘れましたが玉ねぎの酵素による作用だそうです。

化学な重曹より体には良さそうです。

■対策4:安物の肉を使わない

アメリカ産などの安い肉は堅くなりやすいそうです。

厳しい相談じゃのうww

■対策5:圧力鍋を使わない

圧力鍋を使うと柔らかいのができるイメージですが、底辺は最初以来堅くなってしまいます。

色々調べだら同じ悩みの方も多く、原因としては内部的に高温になる圧力鍋ではタンパク質が一気に凝固して堅くなるそうな(´ω`)

ならなぜ最初は堅くならなかったのかと考えてみると、最初に作った圧力鍋チャーシューはブランド物の高い肉だったと言うことを思い出しました(鹿児島チャーミートンだっけ?)。

まぁ賞味期間ギリギリで半額でしたがねw

■まとめ

安い肉は叩くなり玉ねぎこすりつけるなりして圧力鍋を使わず、弱火で1時間半以上煮込む。

高い肉は圧力鍋で20分でok。

こんな感じでしょうか?(・ω・)

安いだけガス代かかるっつーのもなぁw

もやし臭さを軽減する方法

kage

2011/11/10 (Thu)

お店のもやしはそんなに気にならないのに自分で作るもやし料理はどうしても特有のもやし臭さが気になってしかたない(・ω・)

どうにかならぬものかヾ(`Д´)ノ

と、常日頃から考えていた私の研究結果をアップしようかと思います。

【対策1:ひげ根】

ひげ根カットはオーソドックスな対策ですが、確かにかなり軽減されます。

40円クラスのもやしならひげ根も少ないものが多いですが、20円クラスのもやしはかなり長いひげ根がついていることが多いためカットすることをオススメします。

私は根と頭の豆も取って、白い部分だけにしちゃいます( ̄ω ̄)

【対策2:酢!】

これは強烈に効きます!

もやしを洗って水に晒すときにその水の中に酢をほんのちょっとだけ垂らし、軽く混ぜ合わせます。

ひげ根も少ないのにやっぱりもやし臭いってときにはこの方法をプッシュします♪


ちなみに私はもやしの独特の匂いが大嫌いなので上記ダブルで匂いカットしてます。

しかしなんと言いますか、20円クラスのもやしのひげ根カットしていくと全体の1/4くらいがひげ根になることもありまして…

ケチらんとひげ根少ないタイプ選んだ方がいいかもしれませんね…(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。